REVOドーム5を手に入れた際、どんなテントなのかネットで色々調べたが 情報量がかなり少ない・・・。ユニフレームのホームページを見ても 設営方法も無い・・・。吊り下げ型のインナーテントと言う事は分かったがそれに対する情報もほとんどなし。まあまあな お値段するので この手のテントにするならスノーピークのアメニティドームを逝ってしまう人が多いのだと思います。このテント、今までキャンプ場で見た事ないし。

今回、初めて使ってみて とても良いテントだと思いましたので これからテント選びをされる方の参考になればと思い 簡単にレポを上げたいと思います。

まず最初に困ったのがこれ。

設営03

テントの収納袋に縫い付けてある説明書?取扱説明書と表記されていますがテントの各部名称が説明されているだけで手順なんかどこにも書いてありません・・・。こんなのは箱やカタログの写真を見れば分かるし(怒) 初めてテントを建てる人は、この説明書では建てられないと思いますが・・・。

ですから、今までの経験と予測の元に設営をしました。と言っても パーツも少なく単純な構造なテントなんで説明書無しでも簡単に建てられました。

まずはグランドシートを敷きます。タグみたいなものが付いているので それを上側にして入り口側に持ってきます。

設営01

で、3本あるポールの内、色が付いていない2本をグランドシートに付くベルトのグロメット部分にポール先端を差し込みます。頂点部分にマジックテープが付いているので 2本のポールをそれで留めておけば自立します。ポールのテンションのおかげでグランドシートはピンピンに敷けますよ。

風の強い時は、この時点でペグダウンしておけば良いかもしれませんね。

設営02

アメニティードームなんかだと ピンにポールを差し込むタイプですので反対側をピンに差し込もうとすると 差し込んだはずのポールが抜けてしまう事がちょくちょくあります・・・。私だけかもしれませんが、結構 『イラッ』 とします。

このグロメットに差し込むタイプは垂直に引っ張らないと抜けないので設営時に外れる事はありません。逆を言うと撤収時はテンションのかかったポールを垂直に抜くので結構面倒です・・・。まあ、どちらが良いのか分かりませんが 私はこちらのタイプの方が好きです。

REVOドーム5

あとはフレームにインナーテントを引っ掛けてフライを掛けた後に前室用の金色のポールを付けて出来上がり。張り縄まで張ると30〜35分くらいで張れました。慣れてきたらもっと早く張れそうです。アメニティードームよりは早く張れると思います。夏の暑い日は、サッと建てちゃいたいですからね〜。

テントレイアウト

前室も予想以上に広かったです。道具も置けます。スノーピークの『パイルドライバー』も立てられますよ。テント単体でキャンプ時、雨の日はここで煮炊きも出来そう。このテントの何が良いかと言うとこの高さですかね。高さは1.8mもあるのでテント内で立てます。だから着替えが楽チン。前面のパネルを閉めても前室内で立てます!

あと、うちみたいに小さな子供がいる家族ですと 子供が寝てしまって抱っこしてテント内に入る時、かがまず入る事が出来るので腰の負担が少なくて済みます(笑)アメニティドームだと前室部分から低いので抱っこで入るには辛すぎます・・・腰が折れちゃいます(泣)

テントが低い方が風に強いと言いますが夏のキャンプでそんな強風(台風は除く)に見舞われた事が無いので使い勝手 優先です。風の強い春先や晩秋のキャンプはこのテントは張らないと思いますし。それでも張り縄をしっかり張れば 少しくらい風が強くても大丈夫そうですが。

テント干し

撤収時、テントのボトムが結露濡れていた場合、ポールセンターにフックを集めてぶら下げるとすぐに乾きます♪ 風があるとすぐに倒れてしまいそうですので注意が必要です。

インナーテントサイドのコットンクロスのおかげかテント内の結露はありませんでしたし 夏は涼しく快適そうです。床面積は2.7m×2.7mとアメニティドームと広さは同じですが 高さがある分、とても広く感じます。夏キャンプのレギュラー選手に決定です!
 

我が家的には 合っているテントだと思います。作りもしっかりしているしポールもジェラルミンだし耐水圧などの性能も他のテントよりも優れているので もっと売れても良いようなテントに思えます。あとは、アフターメンテだけですね〜。こればかりは、壊れてみないと分からない。とても良いテントだと思うのでおススメです!テント選びのひとつの候補に加えてみてはどうですか。

大事に使いたいと思います!