楽しくいこうよ!〜Enjoys Outdoor!〜

愛娘『ゆずか』と『るか』の成長日記 と アウトドア日記。好きな事、日々の出来事を記録に残す為に・・・。Blog 使って足跡残し。

●火器・ストーブ・焚火

どこにも行けないので 道具のメンテナンス

8月は 仕事が忙しくほとんど休みなく働いております・・・。お盆休みも結局1日しか休めなかったし・・・。今日も仕事で来週末も仕事っぽい・・・。キャンプに当分行けそうにないので 仕事終わった夜遅くに 道具のメンテナンスを行いました。

我が家のツーバーナーはプリムスのP-251を使っておりますが汚れても サッと拭くだけで 今までずっと放ったままでノーメンテ状態・・・。前回のキャンプで片方の圧電点火装置が機能しなくなったので メンテナンスを兼ねて掃除しました^^

P251-02
 
う〜ん、汚い・・・。何か油っぽいし・・・。このままでは掃除しにくいのでバーナー部分をばらしました。

 P251-03

ばらすと右側のバーナーがひどい事に・・・。

P251-04
 
サビサビです・・・(泣) しかも圧電点火装置が機能しなくなっているのはこちら側です。とりあえず錆を落としてピカール使って磨くことに。
 

P251-05

時間かかったけど きれいになった〜。圧電点火装置の取り付いている部分も錆びていたので外して錆を落としたら 圧電点火装置から火花が出るようになりました♪ よかったよかった。

P251-06
 
組立ててメンテナンス終了〜。いい感じにきれいになりました♪ お気に入りのツーバーナーで すでに販売が終了していて手に入らないので 大切に使っていきたいと思います。ファミキャンは9月の連休までお預けだけど ソロキャンをどこかで無理やり入れ込みたいな〜。

キャンプベストシーズンになっていくので早くキャンプに行きた〜い。

ポチっと投票お願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログへ  
ブログランキングならblogram




商品レビューをして良い物もらった♪

以前、196|ひのきのキャンプ用品専門店で購入した焚火用五徳。

焚火五徳196
 
スキレットを載せているこれが 焚火用五徳。シンプルで軽くて使い勝手がいいので ソロキャンで使ってます。この焚火用五徳の販売元のホームページをリニューアルするにあたり 商品レビューをお願いされたので 使った感想などをメールにて送りました。

 焚火五徳196-2

そしたらこんなにたくさんプレゼントもらいました♪

焚火五徳196-3

一つは 焚火用五徳の布ケース♪ 使うとこんな感じで煤だらけになり収納に困っており収納を考えていたので グッドタイミングです。この商品は帆布製でとても丈夫そうです^^ 私が焚火用五徳を購入した時には この商品は なかったのですが現在は商品化されて売られていますね。

焚火五徳196-4
 
当たり前ですが ピッタリ♪ これに火ばさみも一緒に入るそうです。煤まるけの五徳を楽に収納出来ますね。こんな良い物プレゼントしてくれて感謝です!

焚火五徳196-5

 残りの二つは コースターとマドラー? 若しくはバターナイフ?厚みが3mmほどあるので バターナイフでは無いと思われますが用途不明。とりあえずマドラーとして使っておくかな。これらは、全てヒノキ製品。ヒノキの香りがとても良い匂いで癒されます。

焚火五徳196-6
 
ちなみに焚火用五徳のにぎり部分もヒノキ製で手触りはとても良いですよ。この刻印が彫り込んであって かっこよくておしゃれな感じで気に入っています。これから商品も増えていくようなので今後の商品展開が楽しみです^^ 

たくさんプレゼントもらったんで 宣伝しておきます(笑)

196|ひのきのキャンプ用品専門店: http://196km.com/

 
ポチっと投票お願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログへ  
ブログランキングならblogram



アウトドア&スポーツ ナチュラム



今シーズンのキャンプスタートに向けて

少しずつ暖かくなってきて春が近づいています♪ 今月末に今シーズンのファミキャンスタートをしようと計画している我が家。今のところ予定は空けてあるのだが 突然、仕事が入る事があるので何とも言えないが 早くキャンプしたい!子供達もだんだんとキャンプモードになってきて 『キャンプ、行きた〜い』 と言ってるし。

で、そろそろキャンプ準備をと思い 少しづつぽちっと。

着火剤

まずは着火剤。我が家はロゴスのファイヤーライターを使っています。昨年、使い切ってしまったので購入しときました。今まで色んな着火剤を使ってきましたが一番使いやすいかな。


水に濡れていても火が着くし火持ちの良くこれとチャコスタがあれば 炭でも薪でも簡単に火が点きますね。3つ買うと送料無料だし 保存もきくんでまとめ買いです^^

グランドシート

あとは、ドッペルギャンガーのタープリーテント用のグランドシートを。ソロキャン用に使っているテントですが ソロテントをカンガルーしているので元々からあるインナーテントを使ったことが無いから 次回ソロキャン時に使いたいと思いシートを購入しときました。

タープリーテント08

寒い時期は、インナーテント内にストーブ入れられるかどうか検証したいと思います。ちょっと天井高が低いかな〜。自分的には面白いテントで気に入っているので 使う機会を増やしたい!


グランドシートの下にある箱は これもソロキャン用。また使う時にレポしたいと思います。早くキャンプに行きたいな〜。今年はソロキャンの出撃回数も増やしたいですな。
 
ポチっと投票お願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログへ  
ブログランキングならblogram



アウトドア&スポーツ ナチュラム



キャンプで使う我が家の燃料

キャンプで使う燃料は、統一した方がよいと言われますが 我が家は見事にバラバラ・・・。使いたい道具に合わせて燃料を持って行きます。正直、燃料運搬は かさばりますが、オートキャンプだし使い勝手重視の我が家には 燃料統一は関係ないかも(笑)

我が家のメイン燃料は お手軽楽ちんなOD缶のガス。

ツーバーナー

メインバーナーは、プリムスのツーバーナーで お気に入りバーナーですがモデルが変わっちゃいましたね。購入しておいて良かったです。ツーバーナーにしては収納もコンパクトだし。

シングルバーナー

手抜きキャンプの時はシングルバーナー。バーナーはコンパクトだけどOD缶は やっぱり かさばります・・・。しかも、ちょっと高いし。

大将

ガスで言ったら たまに大将。缶が違うけど扱いやすいので お手軽BBQの時はこいつですね。


ガスは扱いも楽チンですが 大体 ガスをすべて使い切る事が無いので 次にキャンプ行くとき、残ったガス缶と新しいガス缶(予備)を持って行かないといけないので さらに荷物がかさばります・・・。ガスの入れ替えを行えばいいのですが 正直めんどくさい・・・。


お次はホワイトガソリン。

ランタン

シーズン通して使うのは このワンマントルのランタン。ホワイトガソリンのランタンは これの他にコールマンのノーススターチューブマントルがありますが 自分的には明る過ぎるのと 燃費が悪いので 最近はあまり使っていません・・・。光量を落とせばいいのですが シンプルな このランタンが好きだったりします♪

ノーススターはグルキャン時に使うくらいになってしまったので ヤフオク行きかな〜。

スポーツスター

寒い時期に限って コールマンのスポーツスター兇鮖箸い泙后ランタンも含め ポンピングなんかがめんどくさそうに思われがちですが 慣れればそんな事ないです。最近ちょっとお漏らししますが・・・。
 

使い勝手もそれほど悪くないので 今後の手抜きキャンプはこちらを使おうかと思っています。ガスのシングルバーナーも 1つを残してヤフオク行きか?! 

で、ランタンの燃料消費もバカにならないので 一斗缶買いました♪ だからバーナーも燃料気にせず使えそうです!

IMG_8190

やっぱり純正ホワイトガソリンは 高いのでまとめ買いです。
 

ホワイトガソリン02

純正のホワイトガソリン1リットル缶に小分けして持って行きます^^ ホワイトガソリンは無くなれば追加していけばよいのでガス缶の様に容器を廃棄しなくてよいし 運搬も2泊くらいのキャンプならこの1L缶で十分にもつので それほどかさばらないかな〜。1泊なら予備タンクさえもいらなくなるし。

お次は 灯油。

フジカ
 
灯油は 寒い時期の暖房ストーブ用ですね。寒い時期にしか使わない燃料です。ランタンやバーナーをケロシンにして燃料の統一化をしようかと考えた時期もありました。ペトロマックスや武井バーナーなんかに憧れましたが ケロシンランタンやバーナーはポンピングに加え予熱したりと扱いがめんどくさいそうだし ご機嫌が悪い場合も あると聞くのであきらめました・・・。あと、高いし・・・。

それにコールマンのランタンは ファミキャン始めた時に購入したランタンで 何だか手放せません・・・。

オイルランタン02
 
あとはオイルランタン。こいつは通年使ってますね。こいつは燃費が良いので 燃料漏れ覚悟で燃料入れて持って行けば2泊くらいのキャンプなら予備燃料要りません。ですから 灯油は寒い時期だけのストーブ用燃料となります。 

ここからは、ソロキャン用。ファミキャンでは使わないです。
まずは、アルコール。

アルコールバーナー

ソロキャンでは、おひとり様なんでそんなに火力が必要な火器は必要ないし時間もたっぷりあるので コンパクトにおさまるアルコールバーナー。

燃料ボトル

燃料ボトルは0.3L。アルコールが注ぎやすくて便利。


お次は 固形燃料。

固形燃料

こいつもお手軽燃料^^ 火力ないし燃焼時間も短いけど 扱いと燃料保管に気を使わなくていいから楽ちん。100均でも手に入る燃料だけど お得なので まとめて購入!


燃料単価は、100均で購入するより安くなりますが 使い切れないほどの量です・・・。まあ、保管がきくので防災用の備蓄燃料として保管しときます。

固形燃料ケース

保管と運搬には 100均のケースを使ってます。固形燃料8個と富士山ストーブが収納できます。これらの燃料と火器はソロキャン用の道具箱に全て収まります。その道具箱を持ち出せば 大体の事は出来る仕様です^^


最後に焚火。

takibi

 最近は、焚火で調理する事も多くなりました。そのうちメインバーナーは 焚火になるかもです(笑)

ポチっと投票お願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログへ  
ブログランキングならblogram



アウトドア&スポーツ ナチュラム



ソロ 炊飯3点セット

コツコツ貯めてきた楽天ポイントで 久しぶりにキャンプ道具をGET!

トランギアメスティン

トランギア メスティン。ラージじゃなくて ソロ用なんで小さい方にしました。1合炊くにはちょうどいいそうです。

トランギア メスティン TR-210【あす楽対応】

トランギア メスティン TR-210【あす楽対応】
価格:1,620円(税込、送料別)


固形燃料による自動炊飯で簡単にご飯が炊けるって事で以前より気になってずっとお気に入り登録されていたのをようやく手に入れた♪

トランギアメスティン01
 
早速開封。昔の弁当箱みたいでカワイイ ^^

トランギアメスティン02
 
中にハンドルが入っており取り付けて完成。

トランギアメスティン04
 
鍋や皿代わりにもなりそうで 多用途に使えそう。ソロで道具をなるべくコンパクトにしたいのでなかなかGOOD!本体とフタの縁が少しバリが付いていて手が切れそうなので 100均 でヤスリを買ってきて早速、きれいに仕上げました。これでいつでも使えます。

ついでに固形燃料用に こやつもGET!

ポケットストーブ02
 
エセポケットストーブ(笑) エスビットのポケットストーブにそっくりです。固形燃料用ストーブは 富士山ストーブ がありますが口元が狭くて 幅広のクッカーだと 安定が悪いので こちらのエセポケットストーブを購入しました。
 

本家ポケットストーブに比べて 送料入れても安いので こんなんでOKです。

ポケットストーブ01
 
仕舞もコンパクト。

ポケットストーブ
 
で、収納袋付。これで 600円程度なら お買い得だと思います。構造もシンプルなんで そうそう壊れる事もなさそうです。 

もう一つ、ウインドスクリーンも同じショップで購入。

ウインドスクリーン01

炊飯用に使いたかったので 高さが低いものにしました。
 

ウインドスクリーン

これもケース付きで お安いです。

ウインドスクリーン02

ウインドスクリーンは ユニフレームの物がありますが 広げた時の横幅がちょっと短いです。


ウインドスクリーン03

ユニフレームのウインドスクリーンは 45cm、今回購入したウインドスクリーンは 65cmと20cmほど長いです。

炊飯セット01

これでソロ炊飯セットが完成です♪

ウインドスクリーン04

こんな感じでぐるっと囲えます。固形燃料は風にめっぽう弱いんですが これだけ囲めば大丈夫でしょう。

炊飯セット

エセポケットストーブとウインドスクリーンがケースごと 収納可能です。こんなピッタリ収納できるとは思っていませんでした。シンデレラフィット♪ これで収納も完璧です!次は 炊飯レポしたいと思います。早くソロキャン行きたいな〜。

ポチっと投票お願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログへ  
ブログランキングならblogram



アウトドア&スポーツ ナチュラム



Esbit 585mlクックセット 燃焼テスト

先日購入した 『Esbit 585ml クックセット』 の燃焼テストをしてみました。日清のカップルードル(レギュラーサイズ)を作るのに 290ml 必要らしいので 水300ml が何分で沸くのか計ってみました。

燃焼テスト
 
ポットに目盛りが付いているので 水を入れるのに便利です。
 

燃焼テスト02

固形燃料を入れて着火!今まで100均の固形燃料を使ってましたが 今後、固形燃料を使う事が多くなるので大量購入しました。


100均の固形燃料は 3個入っているので一個当たり 108円÷3個= 36円
楽天で大量購入の固形燃料は 1個当たり 3,860円÷268個= 14.4円 

比べてみるとかなりお得です!しかも100均の固形燃料は 25g ですが こちらの固形燃料は 30g と少し大きめ。火力は一緒だと思いますが・・・。こんだけたくさんあるので 当分固形燃料は買わずに済みそうです。防災備蓄燃料としても良いと思います。

燃焼テスト03

約11分で沸きました。

燃焼テスト04

それでも固形燃料は 半分以上残っています。

燃焼テスト05

チタンのシェラカップに水200mlを入れてそのまま燃焼テスト続行!

燃焼テスト06

こちらは6分ほどで沸騰。

燃焼テスト07

それでも まだこんなに残ってます。実際に使うときは 半分か1/4 位にカットして使った方が良さそうですね。

燃焼テスト08

25分ほどで燃焼終了!これが早いのか遅いのか分からないので 比較対象として 以前購入した 『Mt.Fuji Stove』(その時の記事はこちら) でも同じ条件で沸かしてみました。

燃焼テスト09

見た感じですが、こちらの方が炎が大きく火力が強そうです。

燃焼テスト10

8分20秒ほどで沸騰。見た目どおり火力はこちらの方が強いようです。

燃焼テスト11

21分ほどで鎮火・・・。沸くのが早かったですが 燃え尽きるのも早かったです。火力が強いというより燃焼効率が良いと言った方が正しいのかもしれませんね。固形燃料使うなら こっちの方が調子良さそう・・・。

あれ、前回100均の固形燃料で500mlの水を沸かした時、6分30秒ほどで沸いたけど 水の量が少ないけど遅い・・・。100均の固形燃料の方が火力が強いってことか?まあ、いいか。

さらについでなので アルコールバーナーでも同じ条件で燃焼テストを。

燃焼テスト12

ポットが五徳より小さいですが 五徳の切り込みの部分にピッタリ収まります。
 


燃焼テスト13

約8分で沸騰。『Mt.Fuji Stove』より 少しだけ早い感じです。ソロキャンでぼちぼち沸かす分には これ位の時間なら我慢でそうです。早く沸かしたい時は ガスバーナー使います(笑)

ってか、どのように使い分けるかが問題です。次回、ソロキャンまでに考えたいと思います。
火器っておもしろい。はまりそうです。




Esbit 585mlクックセット

お盆休み無しでキャンプも行けずでしたので お盆中に久しぶりにソロキャン用の道具をポチリと。

esbit-kocherset

固形燃料専用の 『エスビット 585ml クックセット』 を購入しました。
 

ひとつ大きいアルコールバーナーも使える 985ml のクックセット と迷いましたが ソロキャン用宝箱(道具箱)に入りきらないし ソロキャン用で小さなクッカーで充分なんで 585ml にしました。しかも安いしね ^^
 

早速、箱から出してみます。

esbit-kocherset02

収納袋付です。

esbit-kocherset03

収納袋に入れたまま スノーピークの 『トレック900』 にすっぽり入ります。移動中、ガシャガシャとならず傷が付かないのでGOODです!


esbit-kocherset04

収納袋から出すとこんな感じ。
大きさ比較として i-phone5 を並べてみましたが 手のひらサイズでかなりコンパクトです。

 esbit-kocherset05

中に固形燃料を置くウインドシールド(風防)が収納されます。ウインドシールドの底面には、エスビットの固形燃料が置けるように受け皿がリベットで固定されています。


esbit-kocherset06

ウインドシールド取り出して合体!合体してもこの大きさ。ポットの下部分がウインドシールドに合わせて絞られているので ピッタリフィットです♪  なんかかちょええ〜。自己満足ですが・・・。

早速、燃焼テストもしてみましたが 長くなりそうなので続きます。




ソロ用ストーブ 〜Mt.Fuji Stove〜

ソロキャンでは、出来るだけガスやWガソリンの火器を使わない事にしている。1人なんで 火力はそれほど必要としないしガス火器の 『シュゴーーーー』 という音も ソロキャンの時くらいは聞かずに過ごしたい。ランタンもオイルランタンの灯りで十分だったし 静かな炎の揺らめきがとても心地良かった。


ただ、調理時にもう一つ火元が欲しいと思い どうしようかと考えた。もう一つアルコールバーナーを買い足すのは面白みがないので 100均でも手に入る固形燃料が使える火器を探してみた。

最初の候補は、固形燃料定番のエスビット 『ポケットストーブ』。


でも これだと風がある時に風防が要りそうなんで 次の候補は ヴァーゴ 『ヘキサゴン ウッドストーブ チタニウム』


これは、アルコールバーナーの風防兼五徳で使われる方が多いですよね。私もアルコールバーナーの購入する時に これにしようか散々迷って 『ソロストーブ』 にしましたが、今ではユニの風防使ってます・・・。しかも固形燃料用の火器にするには深さが深か過ぎるような・・・・。

色々と迷いながら今月号のBE−PAL( 2014年7月号)を見ていると固形燃料用のストーブを発売!とあるではないですか。製作は笑’s という事。タイムリーすぎる〜。

初回限定500個と言う事なのですぐに注文。(限定という言葉に弱すぎる・・・)
で、注文して3日後に届きました。

ソロストーブ01

じゃーーん、『Mt.Fuji Stove』。富士山モチーフにしたストーブ。この形に一目ぼれ (*^.^*)

ソロストーブ17

手のひらに乗るくらいコンパクト。

ソロストーブ03

部材は、この4つで構成されていています。

ソロストーブ04

部材が少ないんで、組み立ても簡単。スリットにフックを掛けていくだけ。

ソロストーブ05

最後に上部から底板を入れて出来上がり。組み立て時間、15秒(笑)
仕舞いもすばらしく、良く考えられていますね。

ソロストーブ02

底のプレートがクリップになっていて3枚の側壁部材をまとめます。

ソロストーブ06

これは裏側。とてもきれいに収まってますね。すばらしい!

さて、これが使えるかどうか、どのように使っていくか、どれ位でお湯が沸くか早速、燃焼実験をしましたよ。

ソロストーブ07

100均の固形燃料を用意しました。3個で100円(税抜き)です。

ソロストーブ08

固形燃料を入れるとこんな感じ。ピッタリです♪

ソロストーブ09

固形燃料の上端からストーブ上端までの寸法は 3cm。固形燃料の注意書きに3〜4cm離す様にと書いてあったのでバッチリです。まあ、固形燃料用に開発されてるから当然なのか?!

ソロストーブ10

早速、火を付けてみます。みるみる火力が強くなっていって富士山噴火〜(笑)
富士山が噴火しているように燃え盛っております^^

ソロストーブ11
 
スノーピークのトレック900に水を500ml入れて実験スタート!
 

ソロストーブ13

なかなかの火力です!で、結構煤だらけに・・・。

ソロストーブ12

6分ちょいで沸きました!予想外に早かったです。そのまま固形燃料が どれくらいもつのか火が消えるまで計測しました。

ソロストーブ14

10分経つころには こんな弱火に・・・。

ソロストーブ15

むむっ・・・。13分も持たずに鎮火・・・。パッケージには燃焼時間25分とありましたが約半分の時間で鎮火してしまいました。多分、これはチムニー(煙突)効果で燃焼効率が良く火力が上がって燃焼が早まったと思います。

火力調節も出来ないしお湯を沸かしたりフライパンで焼いたりするくらいしか使えないかな〜。どのように使っていくかは 使いながら考えたいと思います。

ソロストーブ16

終わったとの底のプレート部。蝋が溶けてこんなんになっちゃいました・・・。固形燃料のカップにアルミホイルを巻かなきゃ後始末が大変です。次回からは ホイルを巻きたいと思います。

なかなか面白い道具を手に入れました♪ 次のソロキャンが楽しみだ。




ソロストーブ 不満点の改善

ソロストーブの内部底部には薪や燃料が落ちない様にニクロムの網が張られています。下から空気が入って燃焼効率を高める為だと思います。

ソロストーブ01

私は、ソロストーブを使う際、燃料には木質ペレットを使うのですが、この網目が大きい為、ペレットが全て落ちてしまいます。それでも しっかり燃焼するのですが 最後の方になるとこの網の下に落ちたペレットが燃え尽きずに残ってしまいます・・・・。


空気の流れを遮っていて完全燃焼になっていないかと思うので この網目を小さくする良い物がないかと100均を物色していると大きさ的にも良さげな物を発見!

100均
 
揚げ物用の網?かな。この網の部分だけを使って底部部分に入れようかと思います。早速、柄の部分を金ノコで切って入れてみると・・・

ソロストーブ02

少し小さいですが良い感じに収まりました♪  これなら木質ペレットも落ちる事は無さそうです。ただ心配なのは高温で網が焼き切れないかって事ですね。あとは、灰で目詰まりするかもです。一度使ってみて また改善策を考えて見たいと思います。

ソロストーブ03

網を入れたまま ちゃんと五徳も入りますよ。 



ガスの補充

今週末はとても天気がよくキャンプ日和ですね〜。私は、土日ともに仕事です・・・。キャンプに行かれている方が羨ましいです(泣) さびしすぎるのでお仕事終わってから次回キャンプの準備として以前、購入しておいた『カートリッジ交換機:ガスセーバー』なるものでガスの充填を行いました。

ガス

こんなやつです。

 

中途半端に残ったガスを一つのOD缶にまとめました。残ったガス缶を持っていくと荷物が増えますからね。

ガス02

作業はいたって簡単。補充される缶(下側)を冷凍庫で15分ほど冷やして上側の缶を温めて補充機のバルブを開いてやるとガスが下の缶へ移動していきます。

ガス03

説明書では60℃以下のお湯をスプーン4、5杯をガス缶の底部に入れるとあったのでやってみました。ちゃんとガスの移動が出来ましたよ。満充填すると生ガスが出るそうなので80〜85%くらいの充填にとどめておいた方が良さそうです。

私は、新品のガス缶の重さを量ってそれ以下になるように充填しました。

安いCB缶→OD缶へ補充するアダプターもあるようですが 使う機器(バーナーやランタン等)に性能低下や悪影響があって壊れるのも嫌なので とりあえずはOD缶→OD缶へのガスの補充だけでいこうと思います。

種類は全く異なりますが 以前、プリンターのインクを安いリサイクルインクを使っていたら目詰まり起こして1年くらいでプリンターが壊れるといった経緯があるので ケチらずに荷物のコンパクト化をすると言う意味で使っていこうと思います。


Profile






Instagram
インスタグラムやってます!


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

月別アーカイブ
記事分類
お気に入り(更新順)
オススメ!

焚火に薪ストーブに。ダンボール満タンで届きます。すぐに『売り切れ』になりますがこまめにチェックしていると割りと早い段階で復活しますよ。送料無料で安い♪


このボリュームでこの安さ!しかも送料無料!自家製タレに漬け込まれていてめっちゃ美味いっす!うちはキャンプでBBQする時は必ず購入していきますよ〜。リピしちゃうほどの美味さです♪


炭火BBQや焚火時に大活躍!ホントに火が面白いほどに復活しますよ。子供達が喜んで手伝って吹いてくれています♪


うちは家族分そろえて焚火時にマシュマロやウインナーを焼いて楽しんでます。伸び縮みして手元でクルクル回せるので子供達が喜びます♪





コメントありがとう~
最新トラックバック
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ダイレクトメッセージ
  • ライブドアブログ