ソロキャンレポが長くなりましたので 施設レポを別にあげる事にしました。

キャンプ場までは、東海北陸道 荘川インターチェンジより約10分ほどで到着します。

受付

こちらが管理棟で受付をします。

放牧地

隣接するこの小高い草原は以前、スキー場だったそうです。

牛

よ〜く見ると上の方で牛が放牧されていました。

場内案内図01

ざっくりとした施設案内図。ちなみに今回は赤丸印の辺に設営しました。炊事棟の前ですね。トイレも近く便利でした。

場内

案内図の左側が通路になっていてそこから場内に入ります。

バンガロー02

管理棟に近いバンガロー。こちらは比較的きれいでした。オートキャンプは、私一人でしたがバンガローは2組ほどが利用されていましたよ。

バンガロー

奥の方のバンガロー。少し古く 管理棟に近いバンガローとは大違い。

サイト

この橋を渡った場所がオートキャンプサイト。広大です。サイトは特に区切られている訳でなく 広いサイトもあれば今回私が使用したサイトのように狭い区画もあります。今回は この橋手前右側のサイトを使わせてもらいました。橋を渡る前にもサイトが数十箇所ありますよ。

沢02

橋より下流の沢。少し溜まり場になっているので案内図にあった魚のつかみ取りはここでするのかな?奥に見えるのが川になります。

沢

橋より上流の沢。ひざまでの深さは無いので小さな子供が水遊ぶするにはちょうどいいかもしれませんが、流れが少し速いので注意が必要です。水はとてもきれいです。

川

沢が流れ出す川。釣り師がいました。釣りには良さげな川ですが川遊びするには流れが早過ぎる気がします。

炊事場

炊事棟。めっちゃきれい と言う訳ではありませんが しっかり手入れされており きれいな部類になると思います。ただ今回は毛虫が多くて嫌でしたが・・・。この広い場内に一箇所しかありませんがシンクは多く設置されております。

トイレ

こてらはトイレ。トイレも場内に1箇所しかありません。きれいさもまずまずです。洋式でウォシュレットが付いていたのが意外でした。女子トイレは分かりませんが、きっと同じだと思われます。我が家はちっこいのがいるのでキャンプ場必須条件が洋式トイレですので クリアです(笑)

ごみ集積所

ゴミ捨て場。生ごみ、燃えるごみ、燃えないごみ、ペットボトル、缶 と分別して捨てます。場内の入り口付近にあるので オートキャンプサイトからだと結構、遠いです・・・。

林間サイトがメインなキャンプ場なので夏場は快適に過ごせそうです。

ざっとですが、簡単な施設レポでした。おしまい。