ソロキャンプ用に小さな焚火台を買いました♪

01
 
ユニフレームの 『ネイチャーストーブ』 と VARGOの 『ヘキサゴンウッドストーブ』 とで迷いましたが、色々と検討した結果 最終的に この 『solo stove』 に決めました。
 


ネイチャーストーブとヘキサゴンウッドストーブはコンパクトになっていいなって思ってましたが、solo stove の2次燃焼で 煤が出にくく煙も少ないと言う事がsolosotoveを選んだ第一の理由。

早速、箱から出してみます。

02
 
収納袋付き。

08

オールステンレスボディで良い感じです♪ 

04
 
裏返しに収納されている五徳を引っくり返して乗せてあっという間に完成!

05

内部はこんな感じ。底の網は、耐熱温度1400℃のニクロム線ですって。側面には、2次燃焼用の穴が開いてます。五徳の一部は、燃料(薪等)が入れられる様に開口が開いてます。

solo stove を選んだ第二の理由は、『ペレット燃料』 が使えると言う所です。

スギペレット ホワイト 20kg 袋詰

スギペレット ホワイト 20kg 袋詰
価格:840円(税込、送料別)


200gで約30分ほど安定して燃焼するらしいので調理にも使えそうです。しかもペレット燃料は安いので経済的♪

『ヘキサゴンウッドストーブ』 は、壁面部分が扉のように開いて燃料が入れやすいのが魅力でしたが、小さなペレット燃料は扉を開けたらこぼれてしまうし、入れにくいんじゃないかと思いました。

金網なんかを入れたら良いのでしょうがそんな物を持っていくなら、ヘキサゴンウッドストーブの軽くて収納コンパクトの意味が薄れてしまいます・・・。『ヘキサゴンウッドストーブ』 の評判が良いので最後まで迷いました。

06
 
iphone4s と並べてみるとコンパクトさがよく分かると思います。 
しかもスノーピークの 『トレック900』 にぴったり納まります!

07
 
専用じゃないの?ってくらいピッタリ納まります^^
これが solo stove を選んだ第三の理由。コッヘルをどうせ持っていくので、この中に入ってしまえば コンパクト折り畳めたって一緒かな〜って思いました。かえって別収納の方がかさばる気もします。


実は もう一つ 理由がありますがそれは後日と言うことで。

なかなか面白そうな おもちゃを手に入れました(笑)
2月か3月にソロキャンに行きたいと思っているので少しずつ準備してます♪ 早く使いたい〜。